【短期留学】ニュージーランドでホームステイした話

こんにちは!わらしべ兄ちゃんです!

今回は高校1年生の時、人生で初めて海外に行った時の話をしてみたいと思います!

高校の姉妹校への短期留学が最初

僕の高校は地元ではいわゆる”エセ進学校”だったのですが、ちゃんとニュージーランドに姉妹校を持っていて、高校1年生の夏休みを使って2週間行ってきました。

僕は小学校1年生の頃から英会話教室に通っていたため、海外にずっと興味があって高校1年生になったときついに海外に行くことができました。

初海外、だいぶ心配(笑)

当時僕にとっては初めての海外だったで、英語が通じる?や、食べ物大丈夫?などといったことがめちゃめちゃ心配でした。

オークランドを一望できるスカイタワー

実際行ってみて、

この短期留学プログラムでは2週間ホームステイをする形だったので、ホストファミリーなどは日本語など通じるかな?などど少しだけ期待をしていたのですが、

ぜんっぜん英語通じねえ!!(笑)

まじで英語が通じませんでした、(笑)小学校1年から英会話教室に行っていたと思うとさらに悲しくなるのであまり考えないようにしていました。

でもいまになって冷静に考えたら、しゃべれなくて当然ですよね(笑)だってこれが初めての海外で初めて日本語を全然知らない外国人と話す機会だったからです。

でもホストファミリーの方は英語が喋れない僕に対してみんなめちゃめちゃやさしくしてくれて本当に家族みたいな方たちでした。

ホストファミリーとサイクリング!🚲

サッカーは世界共通

英語がほとんどしゃべれなかった僕ですが、ニュージーランドで友達がめちゃめちゃできました。(いまだに数人と連絡を取り合っています👍)

その理由がサッカーでした

僕は小学校3年からサッカーをやっていて中学、高校もサッカー一筋でやってました。なので学校の休憩時間などはグラウンドでみんなでサッカーで遊ぶのが毎日のルーティーンでした。

ラグビー大国、ニュージーランド

ニュージーランドはラグビー大国と言われるくらい、生活にラグビーがしみ込んでいます。その面白い例が、小学校や中学校などの校庭にあるはずのサッカーゴールがなく、ラグビーの大きなポールが立っています。(笑)

ある意味ラッキー

ニュージーランドではサッカーはラグビーよりかは人気が低いスポーツであったため、そこまでサッカーがめちゃめちゃ上手ではなかった僕でもニュージーランドではサッカーのスーパースターになることができました。(笑)

学んだこと

確かに短期留学は語学を身に着けるための留学には向いていないと思います。

しかし、このように英語がカタコトでもちゃんと友達だって作れるし、まさかサッカーでスーパースターになれるとも思っていませんでした。

とりあえずなんとかなるんだ!

この短期留学では今後の人生におけるやればなんとかなるんだ!という自信がついた留学だと思いました。

ニュージーランドにもSUBWAYありました(笑)

ABOUT ME
わらしべ兄ちゃん
わらしべ兄ちゃん
海外短期留学、バックパッカー、ヒッチハイク、チャリ旅などいろんなことに興味がある大学2年です! 周りからは驚異の晴れ男と言われています。 現在プログラミング勉強中です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です