【実体験】二度の短期留学経験を持つ僕が短期留学するメリット、デメリットをまとめてみた

こんにちは!わらしべ兄ちゃんです!

これから短期留学を考えている方に二度の短期留学を体験した僕が体験談も交えながら短期留学のメリット、デメリットをまとめてみました!

最後に、こうしとけばよかった!などの反省も書いてますのでこれから短期留学に行くことが決まっている人はそちらの方も参考にしていただけたらと思います。

ここで言う短期留学はホームステイ体験や語学、異文化体験の内容がメインとなっております。

実際に僕が今までに行った短期留学はほかの記事で紹介しています!よかったらまずは見ていってください。

短期留学のメリット

①期間が短い

これはメリットでもありデメリットでもあるので始めはメリットの方から書きたいと思います。

期間が短いということはその分短い期間でいろいろなことを学べることができるため、メンタル的にやさしいというのがあげられます。長期留学を想像されたら分かりやすいと思うのですが、長期留学は文字通り期間が長いため、留学をしている本人も怠けてしまって自分からいろいろなことに挑戦するチャンスを逃してしまう可能性があります。(その長期の留学でも挑戦し続けられる方は期間が短いということは返ってデメリットとなります)

僕は2度も短期留学を経験したことがあるのですが、短い分毎日いろいろなアクティビティを体験することができて毎日面白かった思い出があります。

②短期間で自分の成長を実感することができる

これはあくまでも僕の経験なのですが、大学1年生でインドネシアに行ったとき、たった2週間しか行ってなかったのに帰国した後に受けたTOEICの点数を70点ほど延ばすことができました。長期留学のほうが長期にわたって留学をするため確かに語学はものすごく成長することができると思うのですが、具体的に結果が分かるのが帰国してからとなるので短期間で比べたとき、短期留学の方が自分の成長を実感することができると思います。

ほかにも短期間で自分の成長を実感できるものはあります。

それは自信です。

高校1年生の時にニュージーランドに短期留学に行ったのですがその時、英語がほんとに通じなくて自分の英語力の無さに失望したのですが、振り返ってみたとき、ホストファミリーや現地で作れた友達とたくさん遊んでたり一緒に勉強してたりしたのを思い出して、

人生ってなんとかなるな

と思うことができました。

③友達がたくさん増える

これは長期留学でも言えることなのですが短期留学で言う友達は長期のものと比べて少し違います。

長期留学で行く場合、日本から行く人はせいぜい多くて3~4名程度、そのため、長期留学で作ることができる友達は留学先で知り合った友達が多いのが普通です。

それに対して短期留学は基本10~15名、多くて20名ほどで同時に行かれる場合が多いため、現地の友達もたくさんできるのですが、日本人の友達もたくさんできます。そして日本からの友達は日本に帰ってからでもいつでも遊ぶことできるので将来を大きく変えるような友達ができやすいのも短期留学のいい所です。

④留学費用が安い

これは当たり前のことなのですが、短期留学は留学費用が安く済むのでお金に余裕のあまりない方も行くことのできるチャンスがあります。

また、留学費用が安いということは援助を受けやすいため、大学などのプログラムで行く場合は補助金なども下りたりします。実際僕はそれを使って本来インドネシア2週間を20万円だったのですが、半額大学から補助金が出て、交通費含め全てで9万円で行くことができました。

大学生の場合、そういった大学の短期留学プログラムなどを探すのはおすすめです。

デメリット

①期間が短い。これだけ!

期間が短いのはメリットでもあるがデメリットでもあると言ったのですが、ここではデメリットを言いたいと思います。

慣れたと思ったら帰国直前

「期間が短い」というデメリットとほとんど同じなのですが、大体2週間から1か月ほどの短期留学の場合、はじめは食文化の違いや言語の壁で相当苦しむと思われますが、それがようやく慣れてくるのが2~3週間目、帰国直前になってもう少し留学したいなとか思っちゃいます。(個人差アリです)

語学上達はあまり期待できない

期間が短い事のデメリットは語学があまり身につかないということです。先ほど2週間行ってTOEICが70点上がったと言ったのですが、せいぜい上がって70点でした。ちゃんと語学として留学をしたいのなら、ぼくは1年間以上の長期留学をおすすめします。

留学期間中に自分の英語力の無さを実感し、日本に帰ってからは死ぬ気で勉強するぞ!っていう方はいいかもしれませんね👍

さらに、短期留学は大人数で行くとこが多いため、どうしても日本人の友達としゃべってしまったりしちゃいます。そのために英語で会話するチャンスを逃してしまうことが多々あったりします。

まとめ

以上のように短期留学にはメリット・デメリットがあるのですが、短期留学に向いている人はこんな人です

語学上達よりも海外の友達作り、異文化に触れることが目的の人

色々な経験をして、人生の視野を広げたい人

お金にあまり余裕がないけれど海外の異文化に触れてみたい人

現段階の自分の英語力を知りたい人

以上のような人は長期留学よりも短期留学の方がおすすめです。

これはやっておきたかった!と思う事

次に2度の短期留学を経験した僕がこれだけはやっておきたかった!ともったことを書いていきます。

留学をする前後での英語の勉強

今まで2回ともやっておきたかった!と一番後悔しているものがこれです。僕は留学前になると毎回少しは英語が上達するから勉強しなくていいや!と毎回思っていて毎回留学前になると英語の勉強がついあやふやになってしまってたりもして、いざ留学が始まると正直、日本で英語の予習をしてきていた人は明らかに英語の適応スピードも僕よりもめちゃめちゃ早かったです。

つまり留学する前の英語学習は短い留学期間中にいかに効率よく英語を定着させるかにつながります。

そして留学から帰った後の英語の勉強は留学期間中に身についた英語力を落とさないためにするようなものです

英語を身に着けるのは一番の目的ではないにしても、短期で身に着けたいと思っている方は留学前後の学習も大切です。

日記をつける

これはニュージーランドへ行ったときの話なのですが、当時短期留学ってどんな感じなのか全く知らなかった僕は日記をつける発想がありませんでした。なので今となっては写真を見返すだけしかできません。なので2週間でいろいろな経験ができる短期留学で日々の日記をつけるって大切だなと思い、次に行ったインドネシアでは毎日日記を欠かさず書いていました。

今でもその日記は大切な思い出でいまだに見返しているので皆さんも短期留学へ行かれる方は日記をつける事をぜひしてみてください。

皆さんの新たな挑戦楽しみにしてます!

ではまた!👍

ABOUT ME
わらしべ兄ちゃん
わらしべ兄ちゃん
海外短期留学、バックパッカー、ヒッチハイク、チャリ旅などいろんなことに興味がある大学2年です! 周りからは驚異の晴れ男と言われています。 現在プログラミング勉強中です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です